仕事をすぐに辞める人と長く続く人の違いを分析

仕事をすぐに辞める人と、長く続く人には特徴があります。

この記事の、すぐに仕事を辞める人とは、1年未満で退職をする人が対象です。

またその前に、「仕事をすぐに辞めるのはダメなのか?」からお話します。

関連記事:今の仕事を続けるべきか!そんな人は適正診断で方向性をつかもう

仕事をすぐ辞めるのはいけないことなのか?

賛否両論、色んな意見がありますが、せめて1年は我慢をしたほうがいいでしょう。

何故かと言うと、仕事内容によるとは言っても、仕事を一通り覚えるのに1年は必要だと考えるからです。

逆に3ヵ月程度で辞めていく人たちは、どこまで仕事を覚えたんだ?って話です。

ただし、すぐ辞めるのが完全にダメなのかと言うとそうとも言いきれません。

見切りをつけて無駄な時間を過ごすくらいなら、転職をしたほうがいい場合もあります。

実は僕も一ヶ月ほどで退職をした経験があります。

厳密にいうと社員になる手続きをしてなかったので、社員ではありませんが、一ヶ月ほどで退職をしました。

辞めた理由は詐欺会社だったからです。飛び込み営業の仕事ですが、明らかに売り方が嘘ばっかり。

結局その会社はニュースで放送されるまでになり、業務停止命令を受けその後に倒産。

面接を受けたときは立派なビルに豪華な面接室で、まさかそんな会社だとは思いもしませんでした。

ぼくは退職をして、すぐに現会社へ転職をして今も勤めてます。

こういうケースもあるのです。

このようなケースもありますが、僕の結論としては、特別な理由がなければすぐに仕事を辞めるのはオススメしません

転職を繰り返すと1からのスタートになりますし、デメリットのほうが断然多い。

デメリットの1つとしては、転職が不利になる。この件については後程詳しい詳細を!!

次の項目にて「仕事をすぐ辞める人の特徴」を記載しますので、これらに該当するかたは、辞める前にもう一度真剣に考えるようオススメします。

仕事をすぐ辞める人の特徴とは?

仕事をすぐ辞める人の特徴

 たまたま運が悪い

こうい人もいると言えばいるので記載します。行く会社行く会社がブラック企業。

こればっかりは運としか言えません。僕でも辞めるかも・・・

しかし、ブラック企業を選んでしまったのは本人。面接でしっかり説明をしない会社も悪いけど、選んだ本人もすこしは悪い。

そういう方はこの記事を読んで、次こそは良い職場を探してくださいね。

協調性がなく自己中

ある一部の人としか仲良くしようとしない。周りを敵だと思っているのか自分の壁?みたいなものをモロに作る人。

また、仕事でミスをしても「自分は悪くない」と言った態度を出すので人に好かれない。

「無理をしてでも飲み会に参加しろ!」という話ではありませんが、仕事はチームワークが大切です。

仕事をすぐ辞める人は、基本、自分のことしか考えられないので、無理だと思うとすぐに仕事を辞めてしまう。

ぼくの会社でも入社して2カ月目になろうと言うところで、退職を告げてきた40代の女性がいましたが、辞める理由が「会社の雰囲気が自分には合わない」でした。

自分の意見ばかりでは、周りとの雰囲気は悪くなるに決まってます。あと自己評価が高すぎ。

雇われる以上、1人で仕事をする訳じゃないので、周りにも合わせる気遣いは必要です。

プレッシャーに極度に弱い

プレッシャーに弱い人は、本当にびっくりするくらいネガティブで、人からのアドバイスでも悪いようにとらえます。

例えば、「明日から頑張ろう」と言うと、「自分では頑張っているつもりなんですけど、頑張りが足らないってことですか?」とか。

言われたほうは「えっ??」っとなります。このセリフはぼくが言われたのでありませんが、実際にあった話です。

単純にプレッシャーに弱すぎて、すぐにマイナスに捉えてしまうのです。そして少しでも無理と思うとその場から逃げてしまう。

仕事とは慣れるまでが一番しんどい。いちいちネガティブに捉えて悩んでいたら仕事になりません。そして続きもしない。

仕事のプレッシャーへの対処法を以前に書いたので、興味があればご覧ください。

責任感が皆無

仕事をすぐ辞める人はよく遅刻をするし早退も多い。

特別な病気だと仕方ありませんし、しんどいと言われて「それでも来い」と会社も言いません。

しかしそれを逆手にとってか、何かあれば昼からとか、早退させて欲しいとか言う人がいます。

素直な意見としては、「もうちょっと頑張れないのか?」です。

ですが、そういう人は仕事に対して前向きになれないので、遅刻の頻度が高くなってそのうち「辞める」と経験上言ってきます。

「いい大人なので最低限のルールは守りましょうよ!」という話です。

そんな人はどの会社へ行っても結局続かず、いつまでたっても定職に就けないでしょう。

仕事が長く続く人の特徴

仕事を長く続けられる人の特徴

1つでも何かを必死にやった経験がある

例えば、学生時代にスポーツをしていたとか。

仕事とスポーツをやっていたことに何の関係性があるのか?と言うと忍耐です。

仮にサッカーや野球が好きだとしても、好きだから楽しいだけなのかと言うとそうではありません。

きつい練習、レギュラーを取れなくて悔しい思いをするなど、スポーツを真剣にやった経験がある人は、気持ちがわかると思います。

きつい練習を頑張ってレベルアップした、レギュラーを奪い取った、ライバルチームにやっと勝てた!チーム一丸となって頑張った!

逆にすぐに辞めてしまう人は、このような経験がありません。何故なら早々に辞めてしまうから。

仕事でも同じです。入社したばかりが一番しんどい。すぐに辞めてしまうと楽しさすらわかりません。

継続こそ力なりとはいいますが、続けるだけで得られるものがあるのは確かです。

そして1つでも真剣に続けた経験があれば、その経験が自信になり、しんどいことがあっても「頑張ろう」と踏ん張れる。

早く仕事を覚えたいので行動に移せる

極論を言うと、仕事を長く続けるのに最適なのは、仕事ができるようになる!です。

例えば営業職などはモロにそうで、売上が上がらない時期は苦痛の毎日。しかし、結果が出ると楽しくなります。

仕事が続く人は、仕事は覚えるまでがしんどい、だから早く覚えたい、早く覚えたいから行動にうつす。仕事とはこういうものだと理解しているのです。

仕事に限らず、だらだらとやるよりさっさと済ましたほうが結果楽じゃないですか?

逆にダラダラする人は中途半端に終わらせたりしますよね?

どうせやるなら早く仕事を覚える。早く覚えることでしんどい時期を早く抜け出せる!しかしそれには、行動力が必要だと言うことです。

空気が読める

空気が読めると同僚や上司に好かれます。

仕事を長く続けるには、周りとの良好な関係は必須です。

ぼくが今まで出会った短期間で仕事を辞める人は、空気が読めないかたが非常に多かった。

仕事を続けようと思うと、小学生ではありませんが、見方は1人でも多いほうがいいです。

悩んだときに相談できる相手が社内にいるだけで、全然違った職場生活となります。

仕事をすぐに辞めると転職が不利になる

ぼくは会社で面接官をしていますが、職歴があまりにも多い人はやはり懸念します。

何かわけあり?とか、我慢できない人なのかな?とか。

最低でも一年は仕事を続けて欲しいのが本音です。

面接を受ける立場としては、「転職回数が多ければ、ウチに入ってもすぐ辞めてしまう!」と考えます。

なるべく転職回数に偏見をもたないようにはしていますが、今ぼくが話したのは本音だと覚えておいて下さい。

退職するにあたり明確な理由があったとしても、1つの目安として20代で3回以上、30代で5回以上の転職履歴があると、多少なりにでもデメリットにはなるでしょう。

仕事は計画性をもって辞めるべき

20171123222905

すぐに仕事を辞める人は、計画性をもたずに退職するかたが多いです。

また次の職場が決まっていない状態で辞めるので、転職活動をしても「とりあえず内定をもらったし、あそこでいいか!」みたいなノリで職場をきめてしまいます。

そのような行為を繰り返すと、いつまでたっても理想の職場へ入社できません。

ぼくが絶対にオススメするのが、仕事を辞めるにしても転職先を確保しておく、転職エージェントを使うです。

エージェントは応募をする会社のピックアップや面接設定、それに仕事を辞める方法なども相談にのってくれるので、働きながら楽に転職活動ができます。

費用も一切かからず、通常の求人には掲載されない非公開求人の取り扱いもあるので、相談するだけでも損なしです。

転職エージェントの大手で言うと、【リクルートエージェント】 。ぼくも過去に登録をした経験があります。対応はよかったですよ。

【パソナキャリア】 は24歳~49歳と幅広い年齢層の登録が可能。また応募をする企業へ年収交渉を積極的にしてくれると好評。

上でご紹介をいたしました転職エージェント2社は、基本、誰でも登録が可能です。是非、活用して下さい。

少し長くなりましたが、仕事をすぐに辞める人と長く続く人の違いとは?でした。少しでも参考にして頂ければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする