今すぐ仕事を辞めたい!スムーズに辞める方法と注意点

この記事では「1秒でも早く仕事を辞めたい!」そんな精神的に少しまいっている方へ向けた内容です。

なかには「すぐに仕事を辞めるのは可能なのか?」とか「辞めてもいいのか?」といった質問があるかと思いますが、

仕事をすぐに辞めるのは可能ですし、後悔しないんだったら辞めたほうがいいケースだってあります。

例えば、いざ入社してみると求人票や面接時に聞いていた話と違ったとか。このような場合は、続けることで辞めにくくなるでしょうから、スパッと辞めたほうがお互いのためにもなるでしょう。

仕事をすぐに辞めるのは簡単ですし、あなたが後悔しないんだったら辞めてもOK!

しかし、辞めるまえに「退職することで問題は解決するのか?」も同時に考えてみましょう。

辞める前に辞めて解決するのか考えてみよう

仕事を辞めて解決するのか

仕事を辞めたい気持ちを否定する訳ではありませんが、根本的に辞めて解決するのか?だけは考えたほうがいいでしょう。

理由は簡単で、転職をして同じことを繰り返さないためです

仕事って基本は嫌なことの1つや2つはあるものなんです。

嫌なことがありながら、工夫をしてやりがいをもって仕事をする人もたくさんいます。

それに仕事を辞めるのはあなたの決断次第でいつだって辞められます。2週間前に退職届けを出せば辞められるのが法律です。

退職時期については一ヶ月前とよく言われますが、あれは会社が定めるものであって法律には勝てません。

それにもし退職を断られても、「労基に相談をする」と言えば、ほぼ100%受け入れてもらえるでしょう。

自分が今、仕事を辞めたい明確な理由は何なのか?そして、その原因は自分では対処できないのか?を考えてみましょう。

案外、上司に相談すれば解決するかもしれませんよ。仕事を辞めたい元凶が上司の存在であれば厳しいとは思いますが・・

どちらにしよ、一瞬でもいいので解決できないのか?を考えて、次の項目に進んで下さい。

今すぐ仕事を辞める方法

今すぐ仕事を辞める方法

有給を使って即日退社

この件に関しては、会社の理解も必要になりますが、法律上、退職は辞める2週間前に願いでれば辞められます。

引継ぎが終わってからとか、辞めるのは一ケ月前とか言われても、そのルールはその会社だけのものであって、法律上の効果はありません。

なので、有給が残っていれば翌日から有給消化、そしてそのまま退職も可能と言えば可能です。

吐き気がするくらいに仕事が嫌であれば、紹介した辞める方法を使って下さい。

ただやはり小言の1つや2つは言われるでしょう。会社が「急に辞めるといって辞めやがった」と思っても仕方がないです。

一応、最終手段、こういうやり方もあるとだけ覚えておいて下さい。

上司には「辞めます」じゃなくて相談から入る

頭ごなしに「仕事辞めます」と言うと、心理的なものでイラッとする上司はいます。

そして、そういう上司に限って何かと言いがかりをつけて、嫌がらせをしようとする。実際にそういう上司を僕は見てきました。

あなたの上司がどういうタイプなのかにもよりますが、退職をするのが目的であれば、「相談があって」から入り、「辞めたい」と繋げるほうが円満に辞められるでしょう。

伝え方も、「色々考えて本当に申し訳ないんですが、こういう理由があって辞めたい」とか、本音じゃなくても言い方次第で伝わり方は変わります。

ただし注意点は、「断固として辞める!」を伝えること!

引き止められても悩むそぶりやスキを見せてはいけません。引き止められてズルズルと働く人もいますから。

辞めたくても辞められない!と言うやつです。

次の職場が決まっていれば強気に出れる

退職の意思を伝えたときに、よく聞かれるのが「次は決まっているのか?」です。

そして大半の上司が「転職先は決まっています」と言われると諦めムードに入るもの。

これは実際に僕もそうで、部下に退職したいと告げられて「次は決まっているの?」と聞いて「決まってます」と言われると、引き止めは無理だなと思います。

そして、退職を告げるときもそうですが、転職先が決まっているのと決まってないのとでは、本人の心の余裕にも繋がるでしょう。

転職先が決まっていれば、余裕をもって退職を言えますが、なければ内心びびってしまう。

この件に関しては人間の心理的なもので、後ろ盾があれば強気に出られるものです。

個人的にも貯金がない人は、何もなく辞めるのではなくて、短気バイトでもいいので、収入源を確保しておいたほうが安心できると思いますよ。

仕事を辞める時の注意点

仕事を辞める時の注意点

すぐに辞めたくてもバックレは危険!!

「もういいや」となって仕事をばっくれたい気持ちもわかりますが、しかし、そのやり方はオススメできません。

何故なら2点あります。

・給料を銀行振込みから手渡しに変更される可能性がある

・損害賠償を請求される可能性がある

ちなみに、給料の支払い方法は会社が定めるものなので、手渡しに変更されても違法性がありません。

給料日にいざ口座を見ると、「入ってない」となると最悪。

バックレた状態で会社へ出向いて取りにいけるのか?電話できるのか?という話です。

大の大人が、給料を取りにバックレた会社を訪問するのは恥ずかしいと思います。

ちなみに僕もバックレ経験ありで、給料振込みを止められました。

恥ずかしい気持ちもありましたが、給料が20万円くらいあったので、渋々取りにいき小言を言われ給料袋を受け取りました。

その瞬間は心臓がバクバクもんですよ。

念のため、バックレはそうなる可能性があるので気を付けて下さい。ちなみに僕の今の職場も、バックレた人達にはそうしています。

給料を取りにくる人半分、諦める人が半分といった感じです。せっかく働いたお金なのにもったいないですよね?

またバックレは民法上、不法行為にもあたるので、無いとは思いますが損害賠償を請求される可能性だってありますから。

引き止めにあっても情に流されてはいけない

「辞めると言えない」というかたもいるでしょうが、根本的に辞められない!と言うのは、どんなにひどい会社であっても、あり得ない話なんです。

そして、「仕事を辞める」と口だけになっている方が多いのも確か!!そうなる理由の1つに、自分の意思表示が下手な点があげられます。

上司に情をかけられ、結果ずるずると仕事を続けてしまう人。

そう言う方は、いちいち情けをかけずにきっぱり辞めるほうが、後腐れもなく仕事を辞められます。

そのためには他人の情に流されない意思が必要です。

強引に辞めるより円満に辞めたほうが得

失業保険をもらうさいに離職票が必ず必要になります。失業保険の給付予定がない人は、この項目は飛ばしてください。

中には小さな会社で、嫌がらせでなかなか離職票を発行してくれないことも考えられます。

そして発行してくれないから、何度も前会社に問合せをしないといけなくなる。

はっきり言うと、時間のムダです。

会社を辞める人で、「最後くらい上司に文句の1つでも言ってやろう!」という方もいるかと思います。

しかし、辞めてさえしまえば縁が切れるのだと思い、我慢することも仕返しの1つです。

仕事はスムーズに辞めるように心がけて、その後については特別な用がない限り、相手から電話がきても無視をすればいいだけ。

 それが何よりの仕返しですよ。

失敗しない転職活動について

おすすめ転職エージェント

 失敗しない方法としては一番は知人からの紹介です。

入社する前とした後とでの食い違いはないでしょうから、一番信用できるのは確かです。

ただし皆さんあてがあるのか?と言われるとそうではないと思います。

もし転職のあてがなければ、転職エージェントを使うのがオススメ。あなたの代わりに面接日程や、仕事をピックアップしてくれます。

夜間や土日の相談も可能なので、相談をするだけでも気が少し楽になりますよ!

ちなみに僕は、極限状態のときに転職エージェントに登録をし、3社ほど面接を受けました。

感想としては、転職エージェントがもつ求人は、非公開求人が多いので、求人サイトと比べると待遇の良い会社が多いなと感じました。

1からのスタート、誰にも相談ができない転職活動ほど心配なものはありません。

そして何より、転職をして今回辞めた理由と同じ悩みが出ると、辞めた意味がなくなります。

その点、転職エージェントの求人は事前に審査をしており、離職率が高い会社など、いわゆるブラック企業が除外されているので、転職サイトの求人とくらべると安心度が違うと言えるでしょう。

オススメするのは2社。一社目は、【パソナキャリア】

理由は丁寧で親切なサポートだと好評だからです。そして、このサイト経由からもたくさんの登録を頂いています。

特に関西、関東、東海の求人に強いと評判!!

そして何といっても、パソナグループは創業から女性の転職に力を入れている会社です

長期的に仕事をしたい、専門スキルを学びたい、そんな女性には特にオススメできます。

あと一社は、「DODAエージェント」。

転職者満足度NO1で、そして何より、非公開求人の取り扱いに強いと好評。

非公開求人とは、転職サイトなどには掲載されてない案件です。

希望する人材のみの応募をしたい企業や、他社に求人をしているのを知られたくない企業が多く使います。

「そんな企業自分には・・」と思われるかもしれませんが、非公開求人のみで応募をする企業も少なくはないので、心配するまでもありません。

そして非公開の案件数もめちゃくちゃありますから。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

最後に!!

今すぐ仕事を辞めるのを難しく感じないのが、簡単に辞める何よりの方法です。

この記事をご覧の方のなかには、寝れないくらいに追い詰められている方もいるでしょう。

まずは「仕事を辞めることで本当に解決するのか?」を考えて、それからご紹介をしました内容を使って頂ければ幸いです。

仕事を辞めるのは簡単ですし、後悔しないのであれば辞めても大丈夫です。自信をもって下さい。

働くのを辞めない限り食ってはいけますから、転職をして次頑張りましょう。体にだけは気を付けて下さいね。

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする