面接が不安でしかない!そんな20代へ解消法とおすすめサイト

「面接が不安で押しつぶされそう!!」「初対面の人が苦手で仕方がない」

このように悩んでいませんか?ちなみに僕は、勤め先で面接官をしています。

ぼくの経験上、面接に不安がある方は、面接にこられてもガチガチになるケースが多いです。

始めに言っておきますと、面接で緊張するのは仕方のないこと。

しかし、極度に緊張をしてしまう行為は面接官によい印象を与えません。

結論としては、不安は面接官に伝わってはいけないということです。

面接で緊張する原因を考えよう

いきなり質問ですが、この記事をご覧になっているアナタは、なぜ面接が不安なのでしょうか?

さまざまな答えがあるかと思いますが、面接が不安な人の共通点は、自信の無さが原因です。

履歴書の書き方から質問の受け答え、そもそも自分に自信がないなど。

またそういう方はネットで、「面接 質問の受け答え」とか検索をして、なんとか答えを探そうとします。

その行為自体は正解です。不安不安といって何もしない方は、応募をする資格すらありませんから。

ですが、それだけでは解決にもなりません。

そして残念ながら、面接官からイレギュラーな質問がきた時など、これらは実践でしか慣れようがないのです。

しかし、事前に準備をすることで完璧とまでは行かなくても対応は可能。そんな内容を次項から説明をします。

関連記事:面接で絶対にしてはいけないNG行動やワード

面接の不安を解消する方法

解消法を紹介する前に、もし可能であれば家族や友人などに面接のロープレをしてもらって下さい。

ロープレとは、誰かに面接官の役をやってもらい、疑似体験をすることです。

案外、自分の悪い点というのは自分でわからないもの。その点、面接ロープレをすることによって見えるかもしれません。

それに面接では、不採用になって理由の問い合せをしても、なかなか内容を教えてくれません。

教えてくれないから同じことを繰りかえし、また不採用になる。このようなケースになるとそれこそ時間のムダです。

面接のロープレをやった結果、家族や友人であれば素直な意見をくれるでしょうし、身近な人の意見が一番のアドバイスだったりします。

では次の項目にて、面接の不安を解消する方法をご紹介しますが、新卒者と既卒者とわけてご説明をさせて下さい。

新卒者の不安を解消する方法

では、不安を解消する方法に行きますが、先ほどもお伝えしたとおり、不安を解消するには自信をもつのが一番。

しかし面接経験の少ないかたに「自信をもて!」と言うは無理な話でしょう。

そこでぼくがオススメする方法は、新卒者の就職をサポートする「いい就職.com」というサイトを使い、就職活動をすること。

ちなみにどういうサイトなのかというと、正直なところリクナビNEXTのような大手求人サイトと比べると、求人件数は少なく3000件程度です。

おそらくリクナビNEXTの件数は、数十万件~になるかと思います。正確な件数はざっくり調べたのですが出てきませんでした。

なぜぼくが「いい就職.com」を推薦するのかというと、まず、大手求人サイトは件数が多すぎてどの会社を選んでいいのかわからないというのがあります。

その点、「いい就職.com」は、企業個別相談が可能で書面以上のことを会って教えてくれます。(東京。横浜。大阪、名古屋のみ)

企業について会って教えてくれるのがどういう意味かわかりますか?

個別なのでそのときに面接の仕方や、気になる内容全てを聞けばいいのです。現状、面接が不安なのも伝えてください。

アナタが面接を受ける会社の内容を聞いた上で、面接に挑む!これ以上の不安の解消法はありません。

 「どういう方が面接を受けてくれるのか?」「どういう雰囲気の会社なのか?」ぼくが応募者の立場であればバンバン聞きますよ。

いい就職.comの公式サイト

↓ ↓ ↓

既卒者の不安を解消する方法

既卒者の場合は、どうしても面接が不安なのであれば、エージェントに頼って下さい。

エージェントとは、職務経歴書の添削(一部削除などの修正)や自己PRの仕方、面談でのポイントを一から教えてくれます。

またエージェントの良い点は、企業ごとにあったポイントを教えてくれること。

例えば、「あなたの性格ではこの会社は合わない」「この会社は明るい感じで面接を受けて」「この会社の面接官はマジメな感じでいきましょう」など

実はぼくも過去にエージェントに登録をした経験があり、印象としては「求人情報以上の内容を教えてくれて安心できる!」でした。

ただ正直な話をするとデメリットもあり、就職サイトで自分で応募するのと比べると、就職先の候補はかなり絞られるという点。

エージェントのスタイルとしては、あなたに合う会社を提案する!なので、自分の希望に沿わない会社を紹介される可能性はあります。

メリットとデメリットを比べて、アナタ自信が判断をしてください。

こちらの記事にて、「おすすめ就職エージェント」をご紹介していますので、よければご覧ください。

面接のちょっとしたコツ

この項目では、面接官の立場であるぼくが、応募者に伝えたい内容をまとめます。

まずは面接で上手く話そうとする気持ちは捨てて下さい。

ぼくたち(面接官)が求めるのは、下手な説明であっても、応募者の素直な気持ちを知りたいのです。

マニュアル本に書いてそうな、小難しいセリフは必要ありません。

それだったら「営業で稼ぎたい」とか、「スーツを着た仕事をしたかった」とかのほうがまだマシ。

あともう一点は、現代は売り手市場といわれており、応募者のほうが有利な時代です。

「人材が欲しい」となげく経営者も多いですし、人手不足が原因で倒産までするのです。

なので、「応募したってる!」くらいの気持ちで面接に挑んでください。もちろん態度に出してはいけませんよ。

20代の若者は、今の時代では本当に貴重な存在なんです。それなのに面接が不安で寝れないとか、もったいない気がしませんか?

あと数社落ちたからといって悩むのももったいない。必ずアナタを必要とする企業がありますから。

面接に落ちた!考えられる理由」を以前に書いたので、もしよければ、参考にして下さい。

では、最後までお読み頂きありがとうございます。就活頑張って下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする