就活で容姿「見た目」は関係ないはキレイ事:面接官の本音

就活の面接で容姿が良くて社交的な人が有利なのは当然です。

「大切なのは中身だ!」と言う方もいるでしょうが、人間の内面は外面にもあらわれます。

容姿が良くてもあまりのバカだと採用はされませんが、もし、あなたが面接をする立場だとして、スキルの変わらない2人がいたとします。

極端な例ですが、1人は太っていて不細工で清潔感がない、もう一人は爽やかでキレイ。ほとんどの方が後者を選択するはず。

容姿が良いのも、その人にとってはステータスの1つなんです。

この記事では、見た目の重要性と改善点にも触れていきますので、参考にして下さいね。

スポンサーリンク

しかし、見た目だけで決まる話ではない

見た目だけで就活の全てが決まるという話ではありません。

見た目2割、コミュニケーション能力5割、学歴やその他が3割と言ったところでしょう。

企業によっては学歴5割など変動はします。条件が大卒以上なのもそうですね。

話をもどすと、見た目とは、モデルみたいな人が有利なのか?というと、そうも言えなくて、簡単にいうと、社交的で清潔感があるのかどうか?です。

清潔感については、磨けばそれなりに変化をかけられます。

美容院へ行くのもそうですし、歯が黄ばんでいれば、歯医者にいけばそれなりに白くはなります。

ちょっとしたことですが、「全然内定をもらえない!」そんな方がいれば、一度「見た目」にもこだわってみてはどうでしょうか?

見た目を磨くも就活においての努力の1つですよ!

スーツには多少こだわりましょう

高級なスーツを買いましょうというのではなくて、せめて自分のサイズに合うスーツを選んで下さい。

ぼくが面接をしていても、袖がながくてズボンがダボダボ、そんな男性がいるのも事実です。

親が選んでいるのかな?と思えるくらいダサイです。

学生だとあまりお金がなくて、とりあえず一番やすいスーツを選んでしまいがちですが、安いなりにでも自分のサイズにあうスーツを選んで下さい。

 スーツ1つで印象は必ず変わりますから。

見た目が良いのは、心の余裕にも繋がる

先程に伝えたスーツには多少こだわりましょうでもそうですが、「スーツ似合ってるね」と言われるだけでも、少し自信がつくイメージしませんか?

美容院や新しい洋服を買って始めて着たときって、「いつもとは違う自分」を感じる瞬間があるでしょう。

就活において、余裕や自信はポイントの1つになります。

面接のさいに自信がなくてガチガチでは内定をもらえませんが、受け答えを落ち着いてしっかりできる人はポイントも高い。

容姿が悪いから余裕がないとは言えませんが、ただ経験的に見た目があれな人は、ほとんどの方が自信をもっていません。

どうしても容姿に自信をもてない人について

容姿に自信がない人は、他人と自分を比べてしまいネガティブな考えをもってしまいがちです。

「就活 容姿 不利」などのキーワード検索をしている時点で、おそらくネガティブイメージを持ってしまい、自信をなくしたり、心配したりしているんだと思います。

しかしそれではダメです。

容姿が良いほうが就活において有利なのは言うまでもありませんが、それでもやはり一番大切なのは、仕事への意欲、内面、将来性です。

容姿についてネガティブなイメージを持っているだけで、それだけで内定率は下がります

面接官は人を見る目をもっているので、自分に自信がない人はすぐにわかるのです。

容姿について考える前に、「自分の良さ」磨きに時間をかけたほうが必ず有意義。それにともなって内定率も上がりますよ。

スポンサーリンク </p

見た目を補える力を身につけよう

面接官があなたと面接をするうえで最も大切なものとは何でしょう?

答えはあなたに将来性があるのかどうか!!またはあなたと企業がマッチしそうなのか?です。

この記事では何回も言ってますが、見た目が悪ければ不利になる。

しかし、ぼくが面接をしていても「見た目はあれだけど良さそうだな」と気持ちが変わることはいくらでもあります。

一番ダメなケースは「自分はこんな見た目だから・・」と自信をなくすこと諦めること。

どうしても自信をもてない!そんなかたは、まずは自分の強みと弱みを理解しましょう!

自分でわからなければ就職支援サービスがあり、あなたの分析をしてくれます。

第三者から「これがあなたの強みですよ」とアドバイスをもらえるだけでも、自信になるはず。

よければ、「おすすめ転職エージェント」を紹介しているので参考にして下さい。

まとめ

キレイごと抜きで、就活において容姿や見た目はポイントの1つ面接官も1人の人間です。容姿がよいほうがポイントも高くなって当然です。

しかし、容姿が悪いから内定がもらえませんといった話ではありません。

あくまで容姿はポイントの1つだと言うこと。どれだけ見た目が良くても、それだけで即採用はありえませんから。

容姿でネガティブイメージを持つのではなくて、人ひとり必ず長所があるのでそこをアピールして下さい。そうすれば印象は必ず違います。

何百、何千人と面接をしてきた僕がいうのです。間違いはありません。頑張りましょうね。

就活で容姿「見た目」は関係ないはキレイ事:面接官の本音でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする