結婚を機に転職を考える男性が無視をしてはいけない項目

今の会社では給料が安い、転勤が多い、サービス残業が多いなど、何かと理由があって、結婚を機に転職を考える人も多いでしょう。

始めにいっておくと、結婚前の転職とは、結婚生活が左右されるといってもいいくらい重要なことです。

もちろん奥さんになるかたへの協力は必須で、現在理解を得られていなければ、まずは何としてでも理解を得る!に徹底すべき。

また、なかには結婚生活が始まると、奥さんが専業主婦になるかたもいるでしょう。

そうなれば、必然的にあなた1人の稼ぎで食わしていかなければなりません。

最悪、奥さんにも働いてもらう方法もありますが、そうならないために、是非、この記事を参考にして頂きたいです。

ちなみにわたしは、「家族のために仕事を頑張る」意思が強いほうなので、きついセリフも入りますが、気を悪くしないで下さいね!

仕事が辛い結婚生活は周りにも悪影響を与える

仕事が辛い結婚生活は周りにも悪影響

ちなみにわたしは勤め先で管理職をしていて、結婚を機に退職をするかたを何人も見てました。

というのも、数年前までわたしが働く会社は、一般的にブラック企業と呼ばれるもので、とてもきびしい労働環境だったんです。

なので、結婚と同時に転職をするかたを何人も見てきて、その結果わかったことがあります。それは、

転職後、仕事がうまくいかないと、結局、夫婦生活にも亀裂がはしり、ぎくしゃくしてしまう!

でも当たり前だと思います。旦那が家に帰ってきて思いつめたような顔をしていると、奥さんはどう思うでしょう?

始めは心配してくれるでしょうが、そのうち頼りのない旦那に変わり、最悪は嫌いになる!

結婚前には想像できないでしょうが現実です。

そもそも結婚とは、「愛があればなんとでも」といった甘い世界ではありません。

当然お金もかかりますし、子供ができると余計にです。

厳しいセリフをいってしまいましたが、仕事が上手くいかず、奥さんに見放された人たちをわたしは何人も見てきました。

またそういう男性はなかなか立ち直れず、女性と違いずるずると悩み続けるケースが多いです。

なので、まずは第三者にでも相談をして、あなたが会社を辞めたいと思う理由がまっとうなものなのか?を相談して下さい。

世間一般的にあなたの転職したい考えが甘ければ、転職をしても大いに失敗をする可能性があります。

それだったら、「今の会社をどう頑張ればいいのか?」に思考を変えるべきでしょう。

逆に辞めたほうがいいかたは、次のステップの失敗しない転職を考えましょう!

無計画な転職はかならず辞めておく

無計画な転職とは、簡単に言うと、

「何となく今の会社より他社へ移ったほうが良さそうだから」

「辞めてから転職活動を始める」

などです。

転職で失敗する人たちの絶対的な特徴でもあります。

そして、在職中の転職活動は必須で、間違っても退職後に活動をはじめるなど、無謀なマネは辞めてください。

何社か面接を受けて、あなたの納得できる転職先をさがす!がまず第一です。

辞めてからの転職活動だと、納得より、「早く仕事を決めなければ」になりがちです。

後ほどまとめてご紹介をしますが、転職エージェントに相談をすれば、転職サイトより条件のいい仕事を紹介してくれます。

わたしは会社で人事担当をしているのでわかるのですが、転職サイトに掲載されている詳細とは、基本表面の部分しかわかりません。

その点、転職エージェントが紹介をしてくれる求人に関しては、実態を把握しているケースが多いのです。

例えばわかりやすいのが、ブラック企業が除外されている点など。あとは取り扱う求人に審査をかけているのでその点は安心できるでしょう。

もちろん転職サイトに掲載されている案件すべてがブラック企業などとは言いません。実際にいい会社の求人もあるでしょう。

ですが可能性をかんがえた時に、あまり転職サイト経由の応募はオススメできないのです。

現代は人手不足なのもあり、企業はあの手この手をつかって人を集めようと考えます。

求人票では週休2日と記載があったのに、ふたを空けると月間休日2日3日しかないとかザラです。(もちろん違法です)

ありのままの条件を記載すると、求人をかけても応募がこないので、そのような嘘を書いてしまう訳です。

ブラック企業は仕事量が多い分、仕事をこなす件数が多いので、経験にはなるかもしれません。

見方によっては100%悪だとも言えません。

ですが、結婚生活を円満にするには、なるべく条件や待遇のいい会社に転職をするのが、現実的な話だとわたしは思います。

そのためには期間を決めてでも、転職活動に取り組む計画性が必要です。

結婚を機に転職をする最適なタイミングとは?

結婚を機に転職をする最適なタイミング

注意点としては住宅ローン!

審査をするのは銀行なので100%とは言えませんが、転職したばかりでは、住宅ローンの承認は得られません。

最低でも1年、できれば3年くらい勤めてから審査をかけるのが無難な方法です。

もしあなたが結婚と同時に家を購入予定なら、選択は2つ、

1つ目は、住宅ローンの審査の承認が得られてから転職をする!実際にそういうかたはたくさんいます。

2つ目は、転職をしてすぐに買うのを諦める

わたしの経験では、ローンを組んでから転職する人が8割といったところで、残りの方は購入を見送ります。

最後に、家の購入予定がないかたの最適な辞めるタイミングは、

納得できる企業への転職がきまったとき、なおかつ奥さんとなる人の理解を得られている!

これらが最適なタイミングです。

また面接のさいに、「いつから働けますか?」と質問があるはずです。

そのような時は引き継ぎもあるでしょうから、一ヶ月後と伝えておきましょう。

中途採用の場合は、早くの入社を希望されるケースも多いのですが、一ヶ月程度なら企業も合わせてくれるはず。

ちなみに本来であれば、退職をする2週間前に報告をすればいいのがルールです。

最短の2週間で辞めて、有給が残っていれば消化をして一ヶ月後に仕事再開がベスト!

関連記事:今すぐ仕事を辞めたい!スムーズに辞める方法と注意点

志望動機はどうすればいいのか?

志望動機は結婚についてあやふやにせず、ありのままを伝えて下さい。

ありのままを伝え、理解を得られないような会社に入っても、また不満になるのは確実です。

わたしは人事を担当して、数えきれないほどの面接を受けてきましたが、転職理由がまともだったら結婚が転職理由であっても気にはしません。

例えば、休みが月に1日2日、毎日終電、給料も10万円

極端な例ですが、そのようなかたが、「結婚を機に今の給料では生活できないので、転職活動をしているのも一つの理由」だと言われても、

「そりゃそうやな!」と考えます。

もちろん、家庭の事情プラスで、「何故、弊社を選んだのか?」も重要ですよ!

あくまでメインは、会社のどこに惹かれて応募をしようと思ったのか?

そして、「結婚を機に転職を考えている自分には、御社は条件も魅力的だ」と面接官につたえる必要があります。

最後に、働くうえでの条件は聞くべき権利があるので、面接のときにはっきりと確認して下さい。

それこそ、「面接の時に聞いていた話とちがう!」となっては、何のための転職かわかりませんから。

転職活動はプロに手伝ってもらえばいい

転職活動はプロに手伝ってもらう

この記事では何度もいってますが、すでにわかって頂けているかと思いますが、必ず在職中に転職活動を始めてください!

そして転職活動をするにあたり、転職エージェントに相談をして下さい。

転職エージェントはあなたの希望にそった求人さがしや、どんな仕事が適正なのか?を教えてくれます。

そして何より、非公開求人といい、転職サイトにはない案件を多数取り扱っていて、待遇のいい仕事が多いです。

求人とは一般公開をすると、たくさんの応募がきて、面接などの手間がかかります。(一般公開とは転職サイトに公開など)

非公開にする意味は、その手間を省くために、転職エージェントからの紹介のみにしているわけです。

一般公開するとたくさんの応募がくる」くらいですから、条件のよい案件が多いのは、簡単に想像してもらえるかと思います。

もちろん企業も面接をうけるうえで、ある程度の希望を転職エージェントに伝えます。

希望に沿った人物だというのが応募条件にはなりますが、何も難しく感じる必要はありません。

転職エージェントのもつ求人のうち、90%以上が非公開求人と言われているくらいですから。

たくさんの案件のなかから、担当エージェントがあなたにマッチしそうな企業を見つけます。たったそれだけの話です。

自分1人で転職活動を始めるとなると、転職サイトの求人詳細を見ても「どんな企業があるのか?」からのスタートです。また求人件数も多いので似たような企業も多い!

そのなかから、希望にそった、なおかつ条件のいい仕事を探すとなると骨が折れるでしょう。

その点、転職エージェントに相談をすれば、

確実に手間は減らせて、質の高い転職活動になります。

もちろん、登録や相談にかんしては無料なので、この機会に相談をしてください!

おすすめはDODAエージェント。

DODAは転職者満足度NO1で、毎回ランクインするほどサポートがよいと好評です。

非公開求人の取り扱いも多数あるので、この機会に是非、登録をして頂きたい転職エージェントです。

DODAの無料登録はこちらより

DODAの公式サイト↓↓↓

貯金額、毎月の支出を見直ししよう

最後におまけ的な項目になりますが、転職するにあたり、貯金と毎月の支出は見直しをして下さい。

わたしの友人でも、結局、夫婦でもめる原因になるのはお金です。

当たり前の話ですが、給料が50万円だったら40万円の生活をする!そして残りは貯金ができるようにしておく!

先々では何があるのかわかりません!しかし貯金さえあれば何とか乗り越えられると思います。

貯金って大切ですよ!夫婦で話し合って人生プランを立ててくださいね!

あなたの結婚生活がよいものになるように!ではっ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 関連記事:結婚を機に転職を考える男性が無視をしてはいけない項目 […]