転職をするのに覚悟を決める必要なんかありません

会社に不満があるけど、なかなか辞める覚悟をもてない!そういう方も多いでしょう。

覚悟をもてない理由は、ほぼ100%不安からくるもの。

しかしタイトルにも記載をしたとおり、しっかり情報収集ができれば、転職に覚悟をもつ必要はありません。

実はわたしも、過去に転職をかんがえ悩んだ時期がありました。今のあなたと同じです。

その経験をへて今わかることをここに記載します。少し辛口発言になりますが、気を悪くしないで下さいね!

この記事では、転職したい気持ちはあるけど、まだ何も動けていない人が対象です

関連記事:転職しようか悩む!決断を下す前にできることがある

覚悟うんぬんより情報収集が先

不安になって覚悟をもてない理由は、ぶっちゃけいうと、あなたが何も知らないからです。

「転職しようかな?」といっても、実際に応募をしたり会社説明会に出向いたりしましたか?

この記事をご覧のかたは、ほぼみなさんされていないと思います。

そのような状態で、「転職をする覚悟が!」となっても当然です。

何も決まってない、知らないでは覚悟をもてる訳がありません。

また、次の仕事が決まるのかわからないから、転職の覚悟をもてないというかたもいるでしょう。

何故、先に転職活動だけでもしないのか?転職活動をして他社を見ようとしないのか?

その気になれば、有給を使ってでも面接を受けにいけるはずです。

転職を考えている人なのですから、「自分が休むと他人に迷惑がかかる」とか、「そんな理由で有給なんて」と考える場合ではありません。

そもそも有給とは、特別な理由がなくても休める義務なので、会社に嘘をついてでも、休んで情報収集をすればいいのです。

ちなみにわたしは、会社で中途採用者の面接を担当しています。

面接は平日にすることがほとんどなので、在職中のかたには「今日はお休みですか?」と聞きますが、ほとんどのかたが「有給を使って」とか、「会社に許可をもらって抜けてきました」と言います。

本当かどうかはわかりませんが、そのような人がいる以上、「在職中の転職活動は無理ではない」と言えます。

企業の口コミや、転職サイトを眺めているだけでは、何の情報も得られません。

得られてもネガティブな口コミばかりが目につき、余計に覚悟ができないでしょう。

一番確実な情報収集は、自分の足をつかって話を聞きに行く!です。

そしてまずは、安心して転職ができる環境作りを意識して下さい。それができれば転職するにあたり覚悟は必要ありません。

働くうえでの優先順位を決める

働くうえでの優先順位を決める

あれもこれも大切では、転職はできません。

結局、「いい会社が見つからない」といって、興味のでない仕事を長く続けることになるでしょう。

今の会社に残るのも1つの選択で間違いではありませんが、転職希望なら、優先順位を決めましょう。

そして、優先するものがある以上、どれかは諦める必要があります。

例えば、興味のもてる仕事ではあるけど、給料は今より下がるとか、多いのは残業がなくなるけど年収が大幅に下がるとか。

あなたが希望する条件すべては、手に入らないものだと思っておいたほうがいいです

転職とはそういうものです。

長年はたらいて昇給していたとしても、次の職場ではあなたは新人!!いちからのスタート。

あなたもわかっているでしょうが現実です。

転職するにしても後悔をしたくない

わたしの経験上、転職をして後悔するパターンとしては、

・聞いていた条件や内容とちがう

・人間関係がよくない

これらがほとんどです。

ただし、これらも事前に情報収集することで、避けることは可能です。

条件については、しっかり面接時に確認しないことが原因。

基本、応募者は内定をもらうを第一に考えるので、条件についてはあまり聞いてこられません。

少なくとも、わたしの会社ではそうなので、おそらく他社の面接にしても同じなのでしょう。

働く代わりに条件をしっかり確認するのは当然の権利です。

また何も後ろめたいことがなければ、はたらく条件については、面接官もはっきりと答えてくれるはず。

逆にあやふやにされる企業は怪しいとも言えます。

職場の人間関係については、一番確実な方法は、社内見学をお願いしてみる!

実際にわたしが面接をしていても、「社内を見学させてもらえますか?」といってくる応募者はいます。

もちろん「いいですよ」と答えますが、納得したうえで入社をしたい気持ちが伝わり好印象です。

転職で後悔したくなければ、待ちの状態ではダメで、自分から進んで質問をするなり、行動することが何よりも大切です

聞く分には簡単な内容ですが、あとはやるかやらないか!

1人で悩んでも答えは出ないもの

わたしもそうでしたが、1人で悩んでも結局、答えはなかなか出ません。この件にかんしては仕事に限らずですが、何となくでもアナタにもわかるかと思います。

そうなる理由は、1人になるとどうしても視野がせまくなってしまうからです。

本当はたくさんの道があるのに、目の前の一本道しか見えなかったり。

もちろん、転職の相談を「親にしろ」なんて言いません。親に相談したところで「もう少し頑張れば?」と言われるのがオチでしょう。

そこでわたしが転職をかんがえたときに取った方法は、「転職エージェントに相談をする!」です。

情報収拾や仕事のピックアップは、あなた1人でやるよりも確実に質の高いものになります。

また、転職エージェントは在職中のかたのために、土日や夜間の相談も受け付け可能です。

「紹介された仕事に必ず応募をしないといけない!」なんてこともありませんし、実際に相談だけをする方もたくさんいます。

そして何より、第三者に相談することによって、今まで見えなかったことが必ず見えるようになるでしょう。

わたしの場合も、今の会社を辞めると大幅に年収が下がるとか、そもそも雇ってもらえるのか?とか、何より、まともな会社には雇ってもらえないと勝手に思っていました。

ですが、実際はそうではないと相談をした結果わかり、むしろ、今後については期待しかなかったです。

あなたも1人で悩むのではなくて、転職エージェントに相談をして下さい!

おすすめ転職エージェントは、転職者満足度NO1の「DODA 」と、女性には、【パソナキャリア】

【パソナキャリア】 は、女性の悩みに強いと好評で、パソナグループ自体が女性の転職に力を入れている会社です。

この機会に登録をして、まずは転職についての相談をしてみましょう!!きっと今見えないことが見えるようになりますよ!

転職エージェントの登録方法

転職エージェント登録方法

※基本、どの転職エージェントも登録の流れは一緒です。DODAのていで登録方法に進みます。

まずは、DODAの公式サイトへ飛ぶと、エージェントサービスに申し込む(無料)ボタンがあるので、クリックをおす。

クリックを押すと、名前、生年月日、性別、現住所、電話番号、最終学歴、現在の勤務状況などを記載します。

ちなみに、現在の勤務先を書く項目もありますが、連絡が入ることはありませんので安心して下さい。

そして自由記入欄の項目があるので、転職するにあたり希望する業種や年収などがあれば記載をする!

もし今の段階で、明確な希望がなかったり、転職するかどうかも決まってなければ、空白でもOKです。

そして送信を押すと、一旦登録完了となります。

あとは職務経歴書だけ必要になるので、用意しておいて下さい!

完了次第、登録をした番号に連絡が入るとのメールがくるので待つだけ!

わたしの場合は、登録をした電話番号に5分以内に電話が入りました。

と、こんな感じです。

ちなみに登録をしただけでも、「転職をするんだな!」と少し前向きになれるのが不思議です。

この機会に、あなたも転職エージェントに登録をして相談をして下さい!

DODA公式サイト↓↓↓

転職活動を始めてから転職するのか決めればいい

転職の覚悟うんぬんより、実際に面接を受けたり、説明会に行ったりして、まずは話を聞いて下さい!

イメージがつけば、わざわざ覚悟なんてもたなくても、「転職したい」と思えるはずです。

そして、転職活動をした結果、納得できる会社がなければ、ひとまず転職は辞めておけばいいのです。

もし退職後の転職活動となるとそれができませんよね?自分に保険をかけておくのは、大人として必要な行為だと思いますよ!

転職活動=退職前提でかんがえる必要なんかないのです。わかっていただけますか?

ご紹介をした内容は、わたしが転職を考えたときに使ったものばかりです。

わたしも会社に嫌気をさして辞めようと思ったとき、先々のことが不安になり、一歩がでませんでした。

そして、「相談だけでも」と思い、転職エージェントに相談をした結果、「これから転職活動を始めるんだな」と前向きになれました。

単純に相談者がいるだけで人は安心します。

結果、「転職するにあたり覚悟は必要ありませんでした!」、というお話です。

関連記事

30歳未経験での転職!成功するためのポイントとリスク

仕事の選び方がわからない!失敗しないポイント7選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする