履歴書に書く趣味の項目にスポーツ観戦って有りなのか?

履歴書の趣味特技にスポーツ観戦と書くのは大丈夫なのか?

早速答えを言うと、全然ありです。

ただ何となくスポーツ観戦と書くのは駄目なので、ちょっとしたコツをご紹介します。

関連記事:面接で絶対にしてはいけないNG行動やワードをご紹介

スポンサーリンク

書くことがなくてスポーツ観戦はNG

まず趣味特技が思い浮かばなくて、何となくスポーツ観戦と書くのは辞めておきましょう。

理由をいいますね。例えば面接官に「何のスポーツ観戦をするの?」と聞かれ「サッカーです」と答えたとします。

もし面接官がサッカー好きだったら一瞬テンションが上がるでしょう。初対面の人だったとしても共通点があれば嬉しいものなんです。

しかし、書くことがなくてスポーツ観戦と書いてしまうと、突っ込んだ話になった時に、内容がわからないですよね?

例えば、チームの話とか、選手の話になったときとか。

あくまで履歴書のスポーツ観戦が趣味と書くのは、本当の話の場合のみ。

また面接官も、「書くことがなくてスポーツ観戦と書いたんだな!」と言うのは、会話の流れで何となくわかります。

そうなると、面接官もいい気はしないでしょう!簡単にいうと嘘は辞めておきましょうって話です。

次の質問に対応できるようにしておく

面談において面接官と気が合えば内定率はUPすると思っておいても間違いありません。

なので、ぼくは趣味にスポーツ観戦と記載をしても全然問題ないと思っています。

ただ、書くからには面接官からのスポーツ観戦についての質問があれば、しっかり答えられるようにだけしておきましょう。

「何となくスポーツ観戦が趣味」では話になりません。

質問される内容としては、「何のスポーツを観るの」「どこのチームが好き」「どの選手のファン」、質問といってもこれくらいで特に難しい質問はされません。

面接官の質問について心配があれば、万が一のために、自分の好きなスポーツの最新ニュースだけでもスマホでチェックしましょう。

どうしても趣味が思い浮かばない場合

そういう方は趣味の項目がない履歴書を購入して下さい。無理に趣味を書く必要はありません。

それと、面接官としては趣味の項目はあくまでおまけ程度でしか見ていないです。

そんなものに時間をかけるくらいなら、自己PRの仕方について考えたほうが有意義でしょう。

スポンサーリンク

一番大切なのはコミュニケーション能力

結局は履歴書の趣味項目にスポーツ観戦と書こうが書かまいが、合否の結果はそれ以外のところでゆだねられます。

あとは面接官と応募者が同じスポーツ観戦が好きだったとしても、それだけで会話が何もはずまなければ意味もありません。

応募者からして一番大事なのは、スポーツ観戦を活かしどうコミュニケーションを取ろうとするのかが大切です。

最低でも趣味をどう仕事に活かせるのか?何故そのスポーツが好きなのか?くらいは、質問にたいしての答えを用意したほうがいいでしょう。

例えば、スポーツ観戦をすることによって、いつも元気をもらっているとか。団体スポーツの場合だと、みんなで協力し一つの目標に向かって進むのが楽しいとかでもOKです。

履歴書の趣味にスポーツ観戦のまとめ

まとめると、履歴書に趣味特技をスポーツ観戦と書くこと自体は問題ありません。

ただ面接官から質問をされたときに備え、最新ニュースだけはチェックしておいた方が良いでしょう。質問をされて知らないでは話になりませんから。

それと最後に、結局、面接において一番大切なのはコミュニケーション能力です。

趣味特技の項目に何を書こうがそんなに重要ではないと言うことです。

履歴書に書く趣味の項目にスポーツ観戦って有りなのか?でした。

関連記事:面接が不安でしかない!そんな20代へ解消法とおすすめサイト

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする