営業が辛いしんどい!そんなあなたへ対策と転職したほうがいいケース

毎日、営業成績のことで怒られると辛くなって、このまま続けるべきか辞めるべきか悩んでしまいますよね?

あなたもこの記事をご覧になると言うことは、今まさに「営業が辛い」と感じ、悩んでいることだと思います。

始めに言っておくと、現状のつらい状況は改善できるケースとそうでないケースとがあります。

きつい言い方になりますが、営業に限らず向いてない仕事は努力をしてもなかなか改善できないケースが多いです。そしてそういう方は転職の準備だけでもしたほうがいいでしょう。

まずは今あなたが「営業がつらい」と感じる理由を明確にし、そこから改善できるものは改善していきましょう。決断はそれからでも遅くはありません。

「自分が今しんどい理由はわかってる!」というかたは、「営業は何故、辛いしんどいのか?」の項目は飛ばして読んでください。

スポンサーリンク

あなたが営業が辛いしんどいと思う理由はなんですか?

営業がなぜ辛いしんどいのか?

成績が悪くて怒られてばかり

成績が悪ければ辛い!!営業職を選んだ以上、仕方ありませんが辛いですね。

ぼくも何回も何回も辛い思いをしましたが、ひどいときは電車の中で情けなくなり、我慢できずに泣いた経験があります。

もちろん人目を気にせず泣いた訳じゃありません。他人にはバレない程度で泣きました。

大の大人が泣くくらいですから、簡単に辛さを想像してもらえるかと思います。

ぼくの会社でも退職をする方の大半の理由は、売上があがらなくて辛くなってが多いです。

そこを耐えて前に進めば花が開くケースもありますが、そればかりは続けてみないとわかりませんから。

面倒臭い上司との付き合い

面倒臭い上司はどこの会社でも1人2人はいると思いますが、やはりダルイですね。

それに僕の経験上、営業部の上司ほど面倒臭い気がします。

営業職ってけっこう縦のつながりを重視する会社が多く、ひどい会社だと上司が黒と言えば、白でも黒と言わなくてはいけない雰囲気があったり。

あなたの会社はどうでしょうか?

ぼくも成績が悪いときは、上司とすれ違うだけで心臓がバクバクしたものです。

ノルマと言う名のプレッシャーに押しつぶされそう

上司からの罵倒で精神的に追い詰められるケースもありますが、ただ単に成績があがらず不安になる気持ち。

この件に関しても営業マンである以上あるあるです。

営業は求められる目標が数字としてはっきりしているし、それがプレッシャーになるのは仕方のないこと。

ただし営業が上手な人は、プレッシャーと上手く付き合っているのも事実です。

仕事自体にやりがいを感じない

営業自体、お客様から喜ばれる瞬間もありますが、逆に怒られることもあり、仕事にたいする意識が低下するのはよくある話です。

また成績があがらない時もそう、「自分は何をやっているんだ」と情けなくなる瞬間もあるでしょう。

やりがいを感じない時は、やりがいを感じない原因を自分で問いつめて下さい。

もし成績があがらずやりがいを感じられないのであれば、成績をあげる対策を打つ必要があります。

スポンサーリンク

辛いしんどい時の対処法

営業が辛い時の対処法

素直に先輩や上司にたよる

ぼくの経験上、営業が下手な人ほど本を読んでテクニックをものにしようとしますが時間のムダです。

何故なら本を読んでものにできるレベルにないから。

本を読んでテクニックを学ぶ以前に基礎を学びましょう。テクニックはその次です。

なので、勇気をだして先輩や上司に相談をして下さい。

それと、基本人は人に頼られるとうれしい生き物。(なかには頼られるとうっとうしがる人もいますが無視しますね。)

ぼくも勇気をだして上司に相談をした経験がありますが、何故か気持ちが楽になり、契約があがる気になり前向きになれました。

そして、なぜもっと早くに相談をしなかったのか?と思いました。

恥ずかしくてとか、ダメだしされるのが怖くてとかいろいろあるでしょうが、一番てっとり早い対処法は、上司に相談をするです。

なので対処法のなかでも一番始めにもってきました。

愚痴を聞いてもらう 

たまには体のなかにたまったストレスという名の悪魔を吐き出してください。

営業は疲れていたり、ストレスを抱えていたりすると契約にはつながりません。負のオーラが顔にでるものです。

あなただって自信のなさそうな人から物を買おうとは思いませんよね?

鏡の法則とは言いますが、暗くて落ち込んでいる人から購入はしませんが、明るく元気な人からは買ってもいいかな?と思えるものです。

そして、愚痴を聞いてもらう相手は 話のわかる同僚が一番いいでしょう。

ただし一点注意があり、毎回愚痴ばかりにならないこと。会う度にでは相手が疲れてしまいますから。

愚痴を吐きだして成績が改善されるのかと言うと、そんなに甘くはありませんが、やらないよりマシなことは全てやるべき。

売るのを辞める 

ぼくは今、営業部の管理職をしていて部下に良くいうセリフがあり、「売るのを辞めよう!」です。

意味がわからないと思いますので説明をすると、お客様には商品の説明をするのじゃなくて、「なぜ今その商品を買おうと考えているのか?いま使っているものの何処に不満があるのか?」などを探れとぼくは部下に言います。

営業マンがその答えをわかっていなければ、商品の説明をされてもお客様は買ってくれません。

また大切なのは、建前上の理由ではなくて、一歩踏み込んだリーサーチが大切です。一歩踏み込んだとはお客様の本音という意味です。

まず信用できる相手じゃないと人は本音を言いません。むしろ営業マンは疑われていると思っておいたほうがいいでしょう。

所詮営業なんて普段の生活の延長上で、物を売る目的の人からはなぜか買いたくなくて、気にいった人や信用できる人から買いたいもの

わかりやすい例でいくと、紹介の成約率が高いのは、知っている方からの紹介で信用できるからです。

結論を言うと、売れる営業マンはお客様の話をしっかり聞いて、ついでのように商品の案内をするから契約に繋がるのです。

社内ロープがすごくうまいのに現場でダメな人は、「自分の話や説明ばかり」だから。結果、契約に繋がらない。

お客様の不満や愚痴を聞いてあげて、しっかりアドバイスをあげる、最終的に信用をえる!これだけでOK。

ぼくの経験上、契約になるケースは7:3でお客様が話してくれるパターンです。

営業同行してもらう 

営業同行をしてもらう理由は、トークを見てもらうのもありますが、一番はアナタのスタイルを身につけるためです。

営業は誰かがやって成功した手法でも、他人がやると全然!なんてことは日常茶飯事です。

なので、営業同行をしてもらい「あなたに合う営業スタイル」を導きだしてもらいましょう。

同行をしてくれる上司の質にもよりますが、ある程度結果をだしている上司であれば、アドバイスの1つや2つはできるはず。

営業の全ては社内でなく現場です。その現場を見てもらい改善をはかるのは、どの仕事であっても効率の良い対処法です。

できれば営業力のある上司に同行をお願いしてみましょう。

営業に向いてない人の特徴

営業を辞めた方がいい人

残酷なセリフを言いますが、2年3年も営業をやって結果が出なければ、そのかたは営業には向きません。なので、将来のことも考え転職の準備を始めてください。

ぼくも長く営業にたずさわっていますが、経験上、営業マンはおおまかに4つのパターンにわかれます。

1つ目は期待はずれ

2つ目は始めから結果のでる営業マン

3つ目は1年以上たっても全然ダメ

4つ目は1年たってようやくコツをつかめてきた、これからに期待

1つ目は期待外れだけどポテンシャルが高い傾向にあるので、何とかなるケースが多いです。問題は3つ目の1年以上頑張っても全然ダメな営業マン。

何度も言いますが、営業は向いてないのにグダグダと長くつづける仕事ではありません。

技術職のような手に職ではありませんので、ある程度の期間をきめて取り組むべき。

それがぼくは1年だと思っています。石の上にも3年といいますが長すぎです。

1年やってみて自分には向かないとわかったのも一つの経験で、無駄ではありません。

毎日辛くてしょうがないのに、そのうえ向いてないとなると、それ以上に悲惨なことはないです。

ただ言えるのは、辞めて別の職業につけば、「今の環境より悲惨になることはない!」

営業が辛い辞めたいと思った時こそ転職活動

営業を退く勇気

そもそも、仕事は辛い、苦しい、怖い思いまでして続ける必要はないと思います。

ましては、仕事のことばかりが気になるほど追い詰められていれば、思いきって辞めてください。

仕事は食べるためにするのであって、仕事のために食べてはいけません。

逃げたら負け、辞めたら負けと思う気持ちも大切と言えば大切ですが、一番大切なのはあなたの体。

また営業では上手くいかなかったけど、転職をして成功する方はたくさんいます。

理由は簡単で、誰でも向き不向きがあるからです。

つらい思いをして短所を伸ばすより、長所を伸ばす努力をして下さい。

そして営業を辞めるとして、「何の仕事をすればいいのかわからない!」と言うかたも多いです。

そういう方は、自分で判断をせず転職のプロに相談をしてアドバイスをもらって下さい。きっと営業経験を生かせる仕事がありますから。

営業経験を生かせる仕事はないかプロに相談

自分に合う仕事をしよう

営業は仮に結果がでなかったとしてもやって損のない仕事です。このセリフを一度くらい聞いた経験があるかもしれませんが本当です。

なので、その経験を生かせる仕事がないかを相談して下さい。

ただし条件は在職中に転職活動を始めること。退職後にスタートをして、転職先がなかなか決まらなければ焦るでしょうし、とりあえず内定がもらえた会社にとなりがちです。

それでは何のための転職かわかりません。

また転職エージェントに相談をすれば、データに基づいてあなたの自己分析までしてくれます。

そして、転職先のピックアップやあなたにはどんな仕事が向いてそうなのかを提案してくれるので、転職活動をする上で確実に手間が省けます。

仕事帰りの相談も受け付け可能で、土日も相談にのってくれるので、「転職への一歩」と思ってまずは相談だけでもして下さい。

オススメは「DODAエージェント」、転職者の満足度がNO1でとにかく評判がいいです。

DODAの無料相談の申込みはこちら公式サイトより

あと一社女性にオススメなのがパソナキャリアです。

パソナは女性の転職に力を入れている会社なので、女性はパソナ一択で問題ないでしょう。

パソナの無料相談の申込みはこちら公式サイトより

今のあなたに合う仕事を探して下さい。そして頑張りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする