次の仕事が決まってから退職をするメリットとデメリット

現実的に考えても、退職をするのなら次の仕事が決まってからにすべきです。

勢いで仕事を辞めて無職になってもメリットはありません。月々の支払いは待ってくれませんし、貯金があっても減るいっぽう。

なかには次の仕事を決めずに成功する方もいますが、それはその人だから。

この記事は、いち会社の面接官の意見として参考にして下さい。

転職先が決まってから退職をするメリット

転職先が決まってからの退職のメリット

お金の心配が軽減される 

貯蓄に余裕があれば、一定期間休んでリフレッシュするのもありですが、そこまで余裕がある方も少ないと思います。

仕事を辞めると、毎月決まった日にあった収入が、急になくなるわけです。

そうなるのを頭でわかっていても、給料日に現実を見てショックを受ける方が多い!

また、なかなか仕事が決まらないと焦り、焦るから企業の見極めができず、「とりあえず内定をもらえた会社に入社しよう」と考えるようになるのです。

いい会社に転職しようと思って辞めたのに、「とりあえず入社できる会社に!」となっては本末転倒。これではいい転職にはなりません。

その点、働いてさえいれば、「転職先がなかなか決まらなくても、最悪食ってはいける!」保証があるのと同じです。焦る必要もありません。

面接で今仕事をしている!はアピールになる 

仕事をしながら転職活動をしているのは、面接官からの意見としては、「うちに入ってもすぐには辞めない」といった印象になります。

もしくは、転職活動をしているのを今の会社に伝え、引き継ぎもきちんとしている!計画性をもって生きている!

少なくとも働きながらの転職活動で、マイナスなイメージを面接で持たれることはないでしょう。

そもそも引き継ぎをせず急に辞めるかたもいるので、計画性をもって転職活動をしている時点でイメージは良いです。

反面、仕事を辞めたあとに転職活動をしている方については、「計画性をもって仕事を辞めていないんだな!」と思ってしまいます。

イメージと言えど、計画性をもって転職活動に取り組んでいるのと、そうでないのとでは、印象において大きな差があるのは事実です。

現職場の良さに気づく

過酷すぎる職場環境のかたには関係のない話になりますが、案外、他社を見ることで今の職場の良さに気付くケースは多いです。

ぼくもそうで、ある時期に仕事を辞めようと思い、転職エージェントに相談をして仕事を紹介してもらいました。

面接を受けた結果、内定を1社頂きましたが、「今はしんどいけど、今の会社のほうが条件がいいからもう少し頑張ろう」と思い今に至ります。

この感覚は退職したあとに転職活動をしているとなかったもので、他社を見ることで今の会社と比較ができ、僕は冷静になれたのでしょう。

今の会社のいい点を見つけろと言われても、辞めたいときってなかなか思いつかないもの。

しかし転職活動をして他社を見ればわかります

それに最終的に、今の会社を辞めないを選んでも、結果がよければOKです!!

在職中の転職活動のデメリット

在職中の転職活動のデメリット

急な応募には対応できない 

基本、転職サイトに掲載されている求人は、なるべく早くに来て欲しい、入社を待てても一ヶ月という企業が多いです。

企業からしても、一ヶ月以上先の入社になると、採用を出しても来てもらえるのかわからないリスクがあるからです。

そういう経緯があり、特に中小企業の応募では、なるべく早くの入社を希望するケースが多い!

その点、退職している方は、働こうと思えばいつでも働けるので、企業からしてもターゲットそのものになるでしょう。

ターゲットになると言うのは、採用される可能性が高いということです。

転職活動が制限される 

在職中は好きに行動できないので、仕事を辞めて転職活動をする人と比べると、時間の自由度は減ります。

日中に面接を受けにいくのも難しいですし、有給を使って面接に行かなければならないケースもあるでしょう。

次の仕事が決まるまでは、忙しい日々を覚悟する必要はあります。

ぼくの場合は、一ヶ月で転職先を決めると動いていました。経験上、そのくらいの気持ちが必要かなと思います。

転職に有利なのは働きながら転職活動

仕事を辞めるとさらに転職先が決まらない

次の仕事が決まってから退職をするのには、メリットとデメリットがありますが、ぼくは絶対に、辞めるまえに転職先を決めておくのをオススメしています。

理由はうえの項目でもご説明をした通り、転職が有利になるからです。何故なら、今働いている!自体が面接においてアピールになるからです。

また一点注意があり、在職中に転職活動をして仕事が決まらないかたは、辞めると余計に仕事が決まりません。

無職期間が長引くにつれて、精神的な余裕がなくなりますし、面接を受けるにしても空白期間を見られ、「他社で内定をもらえてない!」といった見方をされるでしょう。

転職活動は期限を決めて、1日でも早く仕事を決めるのが鉄則です。次項にて、在職中の転職活動のおすすめ方法を紹介します。

働きながら楽に転職活動をする方法

働きながら転職活動をする方法

まず転職活動をするうえで、なるべく今の会社にはバレないほうがいいでしょう。

もちろん理解のある会社の場合は伝えるべきですが、そこは自己判断でお願いします。

何故なら、転職活動をすると言って嫌な顔をする人がいる以上、言わないのが無難です。

あと一点、転職先の入社については一ヶ月後をめどに見ておきましょう。

2ヶ月3ヶ月後となると嫌がる企業もあるでしょうが、一ヶ月先であれば許容範囲のはずです。

また有給が残っていれば、転職が決まってから残りの日数を有給にあてることも可能です。

では本題の働きながら転職活動をする方法!!

早速いうと、転職エージェントを使って、面接日程の調節や仕事のピックアップをしてもらってください。

エージェントを使うことで、あなたが本来やるべき作業のうち、約半分の削減ができるでしょう。

働きながら転職活動をするとなると、企業を調べて見極めて、応募まで全て自分でしなくてはいけません。

そもそも転職サイトでは似たような求人が多いので、どこに応募をすればいいのかわかりにくい!

それらの問題は、転職エージェントを使うことで解決されるのです。

転職エージェントについては、非公開求人をたくさん取り扱っている「DODAエージェント」がオススメです。

転職者満足NO1で、エージェントのサポートがよいと大変好評!!

 「転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

あと一社は、女性にオススメできる【パソナキャリア】

パソナグループはもともと女性の転職に力を入れていて、女性の悩みの相談に強い会社です。

転職先では長期的に働きたい、専門スキルを身につけたい!そんな方に特にオススメできます。

転職に失敗する人の共通点

仕事を辞めるにしても、仕事が決まってから退職をするメリットとデメリットをしっかり考え、無理をしないようにしましょう。

結局、転職で失敗する人で多いのは、時間に余裕がなくてとりあえず入社した、誰にも相談せず自分1人で決めた、そもそも計画を練ってない!と言う方がほとんどです。

それでは転職をしてもいい方向には向かわないでしょう。

この記事では、当たり前だと思われる内容が多かったと思いますが、転職を成功させるには絶対に必要な内容です。

1つでも参考にして頂ければ幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする