友達と同じ職場で働くデメリットや注意点【正社員】

友達と同じ職場で働くのは、もちろんメリットもありますが、デメリットのほうが大きいです。

理由は職場環境にもよりますが、一番の原因は、上下関係ができるから

ぼくは20代のころに親友を会社に紹介し、その友人は今は辞めていませんが、正直なところ「誘うのではなかった」と感じました。

この記事は、友達を会社に誘う側のデメリットについてがメインですが、誘われる側にも見て頂ける内容となっています。

関連記事:仕事の選び方がわからない!失敗しないポイント7選

スポンサーリンク

友達から上手関係がうまれる可能性

会社と言う組織に所属する以上、上限関係がうまれるケースがほとんどです。

友達同士のときは敬語を使う必要がなかったのに、最低でも社内にいるときは、口調に気を付ける必要がでます。

敬語は慣れるものですが、始めは使う方と使われるほうのどちらにも抵抗がでるでしょう。

それと何より、上下関係が長くつづくと、友達から上司部下、もしくは先輩、後輩の関係にシフトをする可能性すらありえます。

ぼくが友達を職場にさそって一番後悔したのが、友達から上司部下の関係にシフトをしたことです。

入社当初は心配でストレスが貯まる

「仕事覚えているかな?」とか「うまくやってるかな?」とか、たくさんの心配事がでてきます。

仕事を覚える覚えないは本人次第でまだ何とかなりますが、所属先の部署に鬼のような上司がいれば最悪で、またぼくのケースはまさにそれでした。

友達はみんなの前で上司に怒鳴られ、仕方がないのはわかるけど、やはり心配。

仕事は入社当初が一番大変です。環境になれる必要もあるし、もちろん仕事も覚えなくてはいけません。

全く知らない人だと心配にはなりませんが、友達といった特別感情がある場合は、自分自身が不安になる瞬間があるとだけ覚えておいてください。

周りの反応を気にしなければならない

もし、職場に誘うほうが役職者であり、友達が直属の部下になったとします。あなたは他の部下と同じ評価を下せますか?

ぼくは途中からその環境になり、ぼくが部署の責任者で友達が部下になりました。

「友達には是非、周りに負けないように頑張って欲しい!!」

まっとうな意見のように聞こえるかもしれませんが、そう思えるのなら、誘うのは辞めたほうがいいです。

その時点で、友達びいきをしていることになります。

部下はみな同じように扱わなければ不満がでます。

〇〇さんの紹介だから特別だとか周りに思われたら最悪です。部署崩壊の一歩手前と言ってもいいでしょう。

友達を誘うにしても、「全員と同じ評価を自分は下せるのか?」を基準の1つとして考えてみてください。

スポンサーリンク

友達と同じ職場で働くメリット

あえてメリットを言えば、職場を辞めない限り、ずっと友達でいられる可能性があると言うことです。

歳をとれば友達がどんどん少なくなる傾向にありますが、職場が同じであればケンヤや退職をしない限り、縁が切れることはないでしょう。

友達でなくなるケースの多くは、連絡が途絶え自然消滅が多いですが、会社が同じであればその心配はありません。

あと1つメリットを言えば、仕事の話をあてに飲みにいけるですかね。

友達を職場へ誘う場合の注意点

仕事ができそうな人だけを紹介するほうがいいでしょう。あとは真面目な人。

仕事ができる出来ないは、予想でもいいのでもOKです。

友達を会社に誘ってもめるケースもチラホラと聞くので、十分に気を付けて下さい。

では最後にまとめます。友達と同じ職場で働くには、

友達から上下関係がうまれるかもしれない

やはり入社当初は心配でストレスが貯める

友達びいきをせずに全員平等に扱う必要がある

これらを考慮してどうするのかを考えたほうがいいでしょう。どちらにしてもそれなりの覚悟は必要だと言うことです。

冒頭にもお伝えしたように、ぼくは友達を職場に誘いましたが、友人は1年と少しで辞めました。

辞めたあとも友達関係は続いてますが、やはり口調や態度に気を付ける必要がなく、気軽に話せるのが友達だなと感じます。

もう友達に気を使われるのは嫌です。

よければ僕の経験を参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

関連記事:30歳未経験での転職!成功するためのポイントとリスク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする