仕事を辞めるタイミングと退職するまでに済ませておくべきこと

仕事を辞めるタイミングと、後悔のしない退職にするため、必ず済ませておくべきことのご紹介です。

会社が嫌で仕方がないときは、「今日で辞める」とか「最短で」とか思ってしまうでしょうが、一応は給料をもらっていた会社なので、なるべく円満な別れを心がけましょう。

我慢は成長するための必須項目、またお金をもらうとはそういうことなのです。

仕事を辞める完璧なタイミングとは?

仕事を辞める完璧なタイミング

会社を辞める完璧なタイミングとは、どこまで準備ができているのか?にかかります。

例えば、次の就職先はまだ決まっていない、有給取得も言いにくいから言えてない、または取得しない予定とか、これではいい辞め方とは言えません。

仕事を辞めるには、あなたに有利な環境を作ってから進めて下さい。

有利な環境とは、有給取得が決まっている、次の就職先も決まっている、金銭的なダメージもないのが理想です。

ぼくの勤める会社でももちろん退職者がいますが、いい大人なのに有給についての知識がなかったり、退職後はノープランでただ単に仕事を辞める方がいます。

またそう言う人の特徴は、意味のわからない遠慮をする傾向があります。意味のわからない遠慮とは、有給をもらおうとしないとか。

仕事を辞める人が、他人や会社のことを考える必要はないので、自分のことをまずは一番に考えて下さい。

有給についてわからなければネットで調べるなり、事務員や上司に聞くなりすればいいだけ。

最後に大事なことなのでもう一度言いますが、仕事を辞める最適なタイミングとは、会社を辞めてもアナタ自身に損害がない!状態。

また損害とは気持ちの面もふくめ金銭的な面もふくめ全てです

退職する前にすること

退職までに済ませておくこと

会社を辞めても後悔しないかもう一度自分に問いかける

会社を辞めて最悪なのが後悔をすることです。実際、出戻りを希望するにかたは大勢います。

後悔するパターンで一番多いのが、転職先の求人内容といざ入社した後とでは全然違った!が最も多く、また入社後に嘆いたところでどうにもならないケースがほとんどです。

それに万が一、元の会社に戻れたとしても、退職前の条件のままとは限りません。何かしらのペナルティが発生するでしょう。

会社を辞める!と決断したばかりのときは、冷静な判断ができないケースが多いです。

何故なら「辞める」が最優先の目的になっているからです。

退職することでのデメリットも必ずあるので、自分にもう一度問いかけて、まずは本当に辞めたいと思う理由をつきとめてみましょう。

友人に相談をする

第三者の意見とは貴重なもので、退職前にあなたの信頼のおける友人にでも相談をすべきです。

先ほども言いましたが、退職するにも「辞める」が目的になると、冷静な判断ができにくいもの。

そのような時でも、友人であればメリットとデメリットを天秤にかけ、素直な意見をくれるでしょう。

相談をした結果、あなたが考える反対のアドバイスだったとしても、それはそれで一つの意見として留めておけばいいだけ。

最終的な辞める辞めないの決定権は本人にしかないのですから。

プロに相談をする 

自分の適性な仕事がわからないなど、転職についての不安があれば、それはそれでプロに相談をするのもあり。

プロとは転職エージェントと呼ばれるもので、一切費用もかかりません。

メリットは専属の担当がつくので転職についての無料相談ができること。

あとは、求人サイトに掲載されない非公開求人を取り扱っているので、待遇面の良い仕事を紹介してくれます。

面接でうまくいかない人なども、専属エージェントが企業へ採用してもらえるようにプッシュしてくれるので助かるはずです。

関連記事:【おすすめ転職エージェント】

有給休暇の取得申請をする 

もし有給を消化しきれていなければ、必ず取得するようにしましょう。有給は国で認められた義務です。遠慮をする必要なんかありません。

こちらに有給取得日数について記載しております。

もし、この記事をご覧のかたで、働かないのに給料を支払ってもらうのは会社に悪いとか、最後に会社ともめたくないとか考える人がいれば、そんなちっぽけな考えは捨てましょう。

退職者が一番に考えるべきことは、自分に有利に辞めること。退職前に有給の取得ができれば金銭的な余裕にもなるはず。

そもそも何度も言いますが、有給は国民の義務!あなたがいちいち取得していいのか悩む必要はありませんし時間のムダです。

就職先を決める必要性について 

退職をするまえに転職先は決めておいたほうがいいです

多くのかたは転職先が決まっていなければ、焦って就活をし、「とりあえず」内定をもらえた会社に入社をするパターンになりがちです。

それでは、計画性をもって辞めたとは言えません。

それに僕の経験上、仕事のできる人間が退職を伝えるタイミングは、転職先がすでに決まっているケースが多い。

なので、退職を止めようがないのですが、逆に仕事ができないかたは、今後の見通しが何もたっておらず、「これからどうするの?」とこちらから聞くパターンがほとんどです。

答えも「何も決まってない」と言います。

仕事を辞める決断はしているけど、今後については何も考えていない人は、せめて求人サイトに登録くらいはしておきましょう。

関連記事:次の仕事が決まってから退職をするメリットとデメリット

円満な退職方法とは? 

円満な退職方法とは

円満な退職方法とはたったの2つだけ。

1つ目は退職理由を個人的な理由にしておくこと。

個人的理由となると、少し嘘っぽくなりますが、それでも会社にたてをついて辞めるよりかはマシです。

1番無難な個人的理由としては、家庭の事情でと伝えるのがいいでしょう。

家族が病気になって看病が必要とか、嘘でも稼業をつぐためとか。

それに一般の会社では、そこまで理由を追求しようとはしません

そして、絶対に辞めておいたほうがいいのが、「会社への不満が原因で退職をする」と伝えること。

何故なら、あなたが出戻りをしない可能性はゼロではないからです。

実際にぼくの会社でも、会社の不満が原因で辞めていった人たちのなかで、何年かして出戻りを希望される方はいます。

しかし会社としては、退職のさいに不満を口にした人たちに良い印象はもてないので、出戻りを許可することはありません。

次に円満退社をするための2点目ですが、引き継ぎをきちんと終わらせる!

出来れば退職日も会社の都合に合わせたほうがいいです。

退職日については、一般的には一ケ月前が妥当かなと思います。しかし法律的には、退職する2週間前に届ければOKなので、判断はあなたに任せます。

それと退職日が決まった瞬間、あからさまに態度を変える人もいますが、最後くらいは職場に残る人のことを考え、迷惑のかからないように行動すべきです。

まとめ 

簡単にまとめると、仕事を辞めるタイミングとは、退職後に転職先が決まっていて、気持ちや金銭的な面においての損害がない状態。

できれば、有給消化をする場合は、消化しきった次の日から仕事、取得できる有給がない場合も、次の日から働ける環境が一番良いかと思います。

それと多少嫌なことがあっても、円満に退職するよう心がけましょう。

いかかでしたでしょうか?仕事を辞めるタイミングと退職するまでに済ませておくべきことでした。

以上です、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする