仕事がつまらないけど転職すべきか悩む人!考える時間がロスですよ

仕事がつまらないから辞めたい、でも続けるべきとの声もあるので迷う!そういうかたは多いです。

確かにこの件に関しては、基本やってみないとわからないと言うのが一番で、正解という正解はありません。

しかし現在、精神的に圧迫されている状況であれば、どの道あなたはいつか辞めるでしょう。

人間は本当に嫌なことは続けられません。我慢して続けても、いつかは辞めてしまうもの。何故なら意思の継続が何よりも難しいからです。

一瞬は「心機一転がんばるぞ!」と気合いを入れても、一ケ月後には「また辞めたい」と思ってしまう。あなたにもそんな経験がありませんか?

また仕事はつまらないものだ!と言える人は、あなたとは辛い度合が違います。なので、そこまで気にする必要はないです。

結論を言うと、転職活動だけでも始めて、「行ってみたいかも?」と思える会社が見つかってから転職をして下さい。

無理をして今すぐ辞める必要もありませんし、もし「行ってみたい」と思える会社があれば、それはあなたにとっての希望にもなるでしょう。今より状況は確実に改善されますよ。

ではまずは、つまらない会社を続けてもロスだという理由からご説明しますね。

つまらない会社は続けても時間のロス

つまらないと感じる原因としては、

・仕事内容が合わない

・職場の人間関係が合わない

・仕事内容と給料が見あっていない

ざっくりとですが、おおかたこんな感じだと思います。

正直なところ、つまらないと感じる理由は何でもいいのですが、合わないものを続けるには、我慢をするしかありません。

で、先程も言いましたが、我慢をしてもいずれ心が追いつかなくなって、辞めるかたがほとんどです。

その時に、我慢をした時間は有効だったと言えるでしょうか?おそらく言えませんよね?

それだったら、今からでも自分に合う仕事探しをしたほうが、有効な時間の使い方と言えるでしょう。

根本的な解決に向かうには、あなたもわかっているでしょうが、悩むだけでは一生解決はしません。

あなたが考えるべきことは、どうすれば仕事にたいして楽しさややりがいを持って取り組めるのか?仕事をつまらないと思わなくなるのか?です。

また悩むと考えるでは全く意味が違います。悩むとは自分がどうしたいのかゴールさえ決まっていない状況。考えるはゴールは決まっていて、その目標に向かってどうすべきかという状況。

今のあなたはズルズル仕事を続けても、悩む状況からは変わらないので、まずは辞めるを目標としてそれに向けて準備をして下さい。

何事もゴールを決めてから前に進むことが大切ですよ。

転職しても変わらない!そんな考えは捨てよう

転職しても変わらない!そんな考えは捨てよう

転職しても本人が変わらなければ、何も変わらないと言った意見も多く見られます。

確かに本人の意識が変わらないと、根本的なものは変わらないのかもしれません。ですが、環境が影響するのも事実です。

少なくとも、転職をすることで付き合う人間が変わりますし、職種だって変わることだってあります。それだけでも大きな変化だと言えませんか?

転職なんて、より良い環境を目指す気持ちでやればいいんです。また人生においては1つの選択肢でしかありません。

また今の時代は、しがみついてでも会社に居続ける時代ではないです。それこそ昔は、退職金や我慢をして働くことでの得るものがありました。

しかし今はそれがなく、大手ですら倒産やリストラをする時代です。おまけに退職金カット。加えてAIが仕事をする時代になるとも言われています。

人として、今のうちにより良い環境へと思う気持ちは当然です!AIの件などはあくまで一例ですが、人の本能的に嫌々続けるより、希望が見えるほうへ進むのは当然ですよってことです。

そもそも転職しても変わらないという人は、転職経験がない人がほとんど。野球をやった経験がないのに、熱く語られても信憑性がないのと同じです。

辞めて目的がない人だけは辞めないほうがいい

辞めて目的がないとは、ただ単に今の会社がつまらないからと言い、辞めてどうするのかさえ決まってない方です。

かなりの高確率で転職しても失敗します。

そういう方は、ざっくりとでも、転職をしてこういう風な自分になりたいといったイメージをしてください。

例えば、

・やりがいを持って仕事に取り組める

・今はブラック企業だから安心して働きたい

・正当に評価される

こんな感じでもなんでもいいです。ただ単に仕事がつまらないから辞める!これでは、働く場所が変わるだけであって、根本的な解決にはなりません。

これから先のことも考え、一番しんどいのは何回も何回も転職を繰り返すことです。その度に仕事がつまらない!と言っても誰も助けてはくれません。

そうならために、ゴールを決めて準備をする!そして目的に向かって前進をする!たったこれだけの話です。

仕事を辞める前にできること

実はこのような記事をかく僕も、仕事がつまらないと感じ転職をした経験があります。ちょうど今のあなたと同じ気持ちです。

結果をいうと、ぼくは転職をして大成功でした。仕事内容は前職とほぼ同じですが、今は仕事にたいしてのやりがいもありますし、大きな不満もありません。

なので、その経験の元に言え、何回も言いますが、あなたも転職活動だけでも始めてください。

なかには「退職してから仕事を探す!」というかたもいますが、はっきりいうと無謀です。

そういう方は、始めこそ「ゆっくり仕事を探せば」と言いますが、仕事を辞めるとは収入が途切れるわけですから、そのうち「早く仕事を決めなければ」となるに決まってます。

そして最終的には、とりあえず内定をもらえた会社に入社する!です。それでは何のために仕事を辞めたのかわからないですよね?

退職は転職先が決まっている!といった安心感をもってから行うべきです。

その点、退職前だと納得できる転職先が決まるまで、時間をかけて企業を見ることが可能性です。

あと現実をいうと、冒頭にもお伝えしましたが、仕事を辞めるべきか残るべきか?の答えをいうと、結果がどうなるのかはわかりません。

そもそも、100%成功する転職がないくらい、あなたにもわかっているかと思います。

ですが、仕事を辞めるまえに準備をすることで成功率をUPさせるのは可能です。またその方法とは、辞める前に転職活動をするしかないのです。

転職はプロに相談をすればいい

転職はプロに相談をすればいい

転職のプロとは転職エージェントのことで、下記のようなサービスを無料で受けられるので、是非活用をして下さい。

・無料で転職についての相談にのってくれる

・あなたの適性な仕事をピックアップしてくれる

・面接の段取りや日程調整をしてくれる

・職務経歴書の作成手伝い

あとは、転職エージェントには、相談だけするでもOKです。転職エージェントとしては、もちろん転職して欲しいのが本音でしょうが、希望する仕事がなければ、あなたには断ってもいい権利があります。

むしろ、言われるがままに進めるのではなくて、自分の希望もはっきり伝えて下さい。それが転職成功へと繋がりますから。

もう一点、転職エージェントを使うメリットがあるのですが、それは、

求人サイトにはない、非公開求人の取り扱いがあることです。

非公開求人とは、企業が転職エージェントの紹介のみに窓口を限定している求人のこと。また待遇のいい求人が多い。

「そんな求人に自分が応募できるのか?」と思う必要もありませんよ。転職エージェントの求人の80%以上が非公開求人と言われています。

その点が転職サイトからの応募と比べ、ぼくがオススメできる点です。

最後にオススメ転職エージェントは2つあります。

まずは、DODAエージェントで、オススメする理由は、転職者の満足度がNO1で、サポートが大変よいと評判だからです。

運営会社は人材業界ではリクルートに次ぐ規模のパーソルグループ。企業としての信用度もばっちり!

また非公開求人の取り扱いも多数あり、待遇のいい仕事をたくさん取り扱っています。

DODAへ無料相談をするなら、下記バナーより5分で登録できます↓↓↓

もう一社は、女性にとくにオススメなのが、【パソナキャリア】

パソナグループは、もともと女性の転職に力を入れている会社で、女性特有の悩みに強い!

女性に働きやすい職種もたくさん取り扱っているので、女性ならパソナ一択といってもいいくらいです。

パソナへ無料相談をするなら、下記バナーより5分で登録できます↓↓↓

退職理由は一身上の都合でいいですよ

退職理由を何と言えばいいのか?と悩むかたもいるでしょうが、ここは無難に一身上の都合としておきましょう。

もし、「一身上の都合とは?」と聞かれたら、「やりたい仕事が決まったので転職をします」で問題ありません。

あまり仕事が向いてないどうこうを言ってしまうと、「向いてないと言えるまでやったのか?」とか、相手によっては面倒な話になる可能性もあるので注意してください。

あと退職をするさいのポイントとしては、退職をしようか迷っているではなくて、退職をすることに決めました。今の会社に残る意思はありませんと、はっきりとした意思表示をすることです。

中途半端に「転職を考えている」と言い、引き止めにあって、嫌々ながら仕事を続ける人を何人もぼくは見てきました。でも、そういう方は結局どこかで辞めます。それこそ時間のロスですよね?

仕事がつまらないけど転職すべきか悩む人!考える時間がロスですよでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする